【ナオトインポテンツの!海外旅行わいるどはーつ 第10話】タイガールと過ごした初めての夜は、「あま~~~~~~~い!」

2017
03
こんにちは!孤高の旅人、ナオトインポテンツです。

「シャワーイクna」と言って、シャワー室に消えて行ったアスカちゃん(仮)。そのタイミングでおーちゃんにLINEで連絡すると・・・・・

熊

これが返ってきた。何かあったに違いない。何があったんだ!大丈夫なのか!?
でも・・・今は目の前のアスカちゃんに集中だ!

まごころを、君に
シャワー室から出てくるアスカちゃん。恥ずかしそうにチラチラこっちを見ながらバスタオルを巻いていた。すっかりアスカちゃんに緊張をほぐし切ってもらった僕は、言わば「性獣」

そのバスタオルを今すぐはぎ取って・・・と言う気持ちにかられたが、「いかんいかん」と思いなおし、シャワー室へ。
初めて女の子とラブホテルに行った10代の淡い記憶が蘇った。欲望と理性が交錯する。期待と不安が入り混じる。

タイ

一通り体を洗い、髪の毛も洗い、ザラザラしたらかわいそうだと思って髭もそった。歯も磨いた。今の雰囲気壊すものが無いように徹底した。腰にバスタオルを巻いてシャワー室を出る。目の前のダブルベッドにバスタオルを巻いたアスカちゃんがちょこんと座っている。ゆっくり近づき・・・二人だけの夜を明け方まで楽しんだ。

7時ぐらいだっただろうか。アスカちゃんをホテルの玄関まで見送り、ホテル唯一の喫煙所で、ホテルロビーにある無料コーヒーを片手にタバコを吸った。タイの晴天の空の元、充実感と達成感で最高の一服だった

タイ

使徒、侵入
この時、おーちゃんの事はすっかり忘れていた。そりゃそうですよね!タイで初めての夜、素晴らしい夜を過ごしたんですから。
タバコを吸い終わり携帯に目をやると、おーちゃんからLINEが来ていた。
「起きたら連絡下さい」
ちょっとめんどくさかった。今の気分にもうちょっと浸っていたかったからだ。
渋々連絡する。

ナオトインポテンツ(以下 ナ)「おはよー」
おーちゃん(以下 お)「今どこですか?」
「ロビーの喫煙所」
「一人ですか?行っていいですか?」
「お、おう」

絶対なんかあった時の反応だと直感。前日のスタンプを見ると良い事があったわけないと思い、色々想像してみた。

・AK(圧倒的にかわいくない)に気付いてしまった。
・勃たなかった。
・中折れした。

タイ

あの時はこれぐらいの予測しかできなかった。程なくしておーちゃんが普通の表情で降りてきた。「なんだ、たいしたことなさそう」直感的にこう思った。するとおーちゃんが話し出す。

「アスカちゃんどうでした?」
「すんげー良かったよ。今帰ったとこ」
「ロングですもんね。そうですよね・・・・・僕の子、12時ぐらいに帰っちゃいました」
「えええええ!急遽ショートになったの?」
「なんですかね・・1回戦が終わったら、風邪を引いたから帰るといって帰っちゃいました
「まじか・・・残念だな。で、ショートだとチップいくらだった?

この後、まさかの答えをおーちゃんが発する!
次回、「涙」につづく。

シェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ

関連記事

 タイ ブログ