【ナオトインポテンツの!海外旅行わいるどはーつ 俺の26話】楽しかったタイツアー最終日に起こった悲劇の真相 後編

2017
27
サワディーカップ!孤高の旅人、ナオトインポテンツです。

今回のタイツアー、史上最高に楽しかったのですが、最終日に起こった悲劇で一転しまりの悪いものに・・・
真相激白、後編です。

前編はコチラ


喜び

ウ・キ・ウ・キ★ミッドナイト
その日は本当に疲れていた。クラブに行きたいというヴェロニカちゃんを快く送り出し、少し仕事をして、電気を消して 元気をチャージ♪

すぐに眠りについた。少し寝た後だっただろうか、LINEが鳴る。ナミちゃんから「GO OUTSIDE NOW」というメッセージが。
外へ出てみると、ナミちゃんの荷物が置いてある部屋の前のベンチにナミちゃんが。
隣に座って「何しているの?」「凄く酔った」「寝ないの?」「私の部屋のベッドは埋まっている」「うちで寝る?」なんて話していると、トッシーさんがいらっしゃり開口一番、

「ヨッシーに貰った薬、4日分全部飲んじゃって、体がカッカする」

深夜なのに大声で笑ってしまいました。
この時、ドラフト指名したナミちゃんと、ヨッシーさんの番が終わるのを外で待っているのだと思い、タバコを吸ってささっと部屋に帰った。

ちょっと目が覚めてしまったので、ビールを飲みながらTwitterをしていると・・・
「コンコンコン」とドアが鳴った。
「あぁ、ヴェロニカちゃんとベティーが返ってきたか」
と思いドアを開けるとそこには・・・ナミちゃんがいた。
「凄く眠いから寝かせて」そんなことを言っていたのだと思う。部屋に入るなり下着になり、J助さんのベッドを超えて僕のベッドに一直線。ここでこのTwitter。
同時に脳内に、BABY METALのウ・キ・ウ・キ★ミッドナイトのこのフレーズが流れる。

少年少女よ!
お菓子と夢いっぱい食べて
いま 飛び出せ!
アタシん家 パーティタイッ!♪


体力の限界!
しかし同時に千代の富士の引退会見の言葉がよぎった。
前日寝てない、当日は海とプールで遊び、しこたまお酒を飲み、ヴェロニカちゃんと3時間の激戦を終えた後だ。ナミちゃんは寝つきがいいのかグッスリお休み。J助さんもグッスリお休み。

ということで・・・・寝ました(笑)

朝起きるとJ助さんは起きていて、写真を撮ってもらった。ナミちゃんから「いいね」を貰ったTwitterのあの写真である。

その後、朝食前ナミちゃんに「この訪タイ中に俺の26に会いに行くね」と約束をした。
この時は絶対に守れる約束だと思っていた。

一気に最終日!
ここからの話は下記リンクをお願いいたします。
23話


24話


そして来ちゃった最終日!

朝10時に起きてホテルをチェックアウトし、ペイバーズメンバーと待ち合わせして銀座堂へ。たらふく焼肉を食べ、1日店長として俺の26へ。
この日まで分刻みのスケジュール。俺の26には初日しか行けてなかった。思えば今回5泊7日中、お店に行ったのは最終日含め2回だけ。今までで一番少なくなってしまった。

ゴルフで不在のてんちょの代わりに1日店長をした。
今日のプランはこうであった。
① てんちょが返ってくるまで1日店長。
② てんちょが返ってきたらナミちゃんにマッサージをお願いする。
③ その後飛行機の時間までそらまめで飲む。


俺の26に着く。社長夫人ベティーがお出迎えしてくれた。その後続々と女の子が出勤してくる。そして・・・

ハニトラちゃんが来た。  ハニトラちゃんが来た!

運命

何故かこのハニトラちゃん、僕の訪タイに合わせて出勤してくれています。
俺の26てんちょブログでも、『インポとシンクロしている』と紹介されています。ここでちょっぴりデスティーノ(運命)を感じてしまう僕・・・・しかししかし、トランキーロ。焦ってはいけません。今日はナミちゃんにマッサージしてもらいに来たのです。

程なくしてナミちゃんが来る。
ソファーには女の子がいっぱいいるので、てんちょのデスクの隣の荷物置き場のようなところにてんちょヨロシク座り、目の前に(ソファーの左端で荷物置き場に一番近い所)ナミちゃんが座る。
「君に会いに来たよ」「やっと来てくれたのね」なんてアイコンタクトをしながら、てんちょの帰りを待つ。

すると・・・すぐ帰ってきた!ナイス!
「さて・・ナミちゃ・・・」まで言いかけたところで、てんちょが連れてきたお客さんがナミちゃんに入ることが決まっていたのが判明する。しかも90分
今考えると、ここは待っておくべきだった。

駄菓子菓子!

性にまみれた僕の性能のいいコンピューターが一瞬で計算する。
計算
「ナミ→90分ということは、僕が運命のハニトラ→65分でも大丈夫じゃ・・・そのあとコーヒーでも啜ってナミちゃんを待ち、そのあと入ればいいじゃないか・・・」

しかし、ここで思いもよらない事件が起こる!

詳しくはコチラ


マッサージが終わった後、さっきまでいた荷物置き場に座る。
さっきは一番近いところに座っていてくれたナミちゃんはソファーの一番奥の道路側にいる。ナミちゃんが怒っているのは纏っているオーラを感じただけで分かる。覇王色のそれだ。

「激おこ」。

この言葉でも表し切れないくらい怒っている。
完全に僕が悪い。100対0だ。パーフェクトだ。パーフェクト超人だ。

この件について、様々な憶測を呼び、皆さんに色々ご迷惑をおかけしてしまい申し訳ありませんでした。

ナミちゃんは全く悪くなく、約束を破った僕が100%悪いんです。
ナミちゃんは凄く良い子です。これからも支えてあげてください。


てんちょのブログの後には続きがあります。
僕がタクシーに乗る1時間前にナミちゃんはなんとそらまめに来てくれました。
「sorry」「sorry for what?」
このやり取りを10回以上したでしょうか。仲直りしようと少しでも思った僕が恥ずかしかったです。

「お前も毎日何回もほかの男としてるんだから、ナオトインポテンツが違う子のとこ行くぐらいいいじゃねーか!」

という、火に油を注ぐてんちょのキラーパスも頂きながら、1時間みっちり怒られ、それはドンムアンに向かうタクシー乗車直前まで続きました。(写真Rinさん)

激おこ

そして傷心のまま日本へ。
DM等でメッセージ頂いた方々、本当にありがとうございました。たくさんの元気を頂きました。

次回からは、今回のタイツアーの詳細を書かせていただきます。
ありがとうございました。

シェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ

関連記事

 タイ ブログ