タイで「タズヤンカップ」に参加する為にゴルフ練習中だよ!【ナオトインポテンツの!海外旅行わいるどはーつ 第43話】

2018
15
サワディーカップ!孤高の旅人、ナオトインポテンツです。

ゴルフなんて、まさか自分がやることになるとは・・・正直2017年まで、全然好きじゃありませんでした。
お金がかかる・向いてなさそう等、好きになれなかった理由は多々ありますが、一番は楽しくなさそう。という理由でした。

好きなスポーツはテレビや現場で観戦してもやっても楽しいと思っており、ゴルフは観戦に行ったこともなければ、テレビでやっててもほとんど見ることが無かったからです。

今回は、そんな「ゴルフ食べず嫌い」だった僕がいかにゴルフを好きになってきたかを書いていきたいと思います。

ゴルフ

ゴルフに関するいろいろな勘違い
何故僕が去年までゴルフが好きではなかったかと言うと、一言で言うと「楽しくなさそうだし、まぁまぁお金がかかるから。」

元来スポーツ好きで、学生の頃はバレーボール、体操、サッカー部に入っていた。
やるのも好きなら見るのも好き。野球、サッカーを中心に観戦にはよく行く。
30歳を超えてからジムに通い出し、マラソンも始めた。でもゴルフには触手が動かない。見向きもしない。

4年程前のそんな時、会社のコンペの誘いが来た。
当時入社2年目で、良くしてくれていた先輩が「幹事をやるから手伝え」的な感じでやむなく参加した。事前に練習にも連れて行っていただき、先輩2人からいろいろ教えていただきながらであったが、そこまで身が入らずスコアは153

広くて自然豊かなゴルフ場に来てテンションは上がったが、思うようにボールが飛ばず走り回って只々疲れた印象しかない。その日、「ゴルフはもうこれっきりにしよう」と、思った。

2度目のゴルフは意外なところで・・
それから、ゴルフに誘われては「断る」という日々が続き、「ゴルフ」のゴの字も出てこない生活が続きます。

そんな中2015年11月、タイデビューします。思えばゴルフ再開のきっかけはこれでした。

そして2016年12月、同じグループ会社のメンバーとふとしたことでタイの話になり、ペイバーズが結成されます。これが再開のカギでした。元々仲が良かったメンバーだったので、お互いタイを楽しんでいることで超盛り上がり、瞬く間に2017年5月に一緒に行くことが決定。そして、タイでゴルフをすることに!

ゴルフ


メンバーに誘われたとき、あまりにもタイでするゴルフについて熱く語ってもらったので、なんだかやりたくなったからです。
それが決まった時点で「ゴルフ楽しいかも!」という気持ちになっていましたね。

練習は職場近くのシミュレーションゴルフができる、某カントリークラブ。
ビールを飲みながら、タイを楽しむ共通の趣味があって会話も面白く、練習はすこぶる楽しかったです。

久しぶりのゴルフはロータスバレー
そして待ちに待った2017年5月、GW後の閑散期にペイバーズ4人で訪タイ

4人で行くタイツアーはそれまで1人や2人で行っていたそれより数倍面白かった。
メンバー4人がそれぞれ楽しみ方が違うので、新しい発見がいっぱいありましたね。そういう意味ではタイでプレイするゴルフも日本とは違うところがいっぱい。プレイ料金が安く、池が多い。キャディーはひとりに一人付き、カートはコース内に入れる

なにより8人でワイワイ笑いながらラウンドできた。

ゴルフ


しかしスコアは練習の成果を見せることもなく、相変わらずの150

駄菓子菓子!

この時は「ゴルフは何て楽しいんだろう」と思えた。
メンバーや自分の気持ち如何で楽しめるものだと感じ、同時に改めてゴルフの難しさの壁を感じた。この時はまだ「楽しく思えた」程度。

「うまくなろう。なりたい。」と思えたのは、2017年12月の会社のコンペで139を出したものの、数人の美人な女子&はじめてゴルフをラウンドした若手に負けたから。

まとめ

「最終的には100をきる。」これを目標に頑張っていきたいと思います。

まずは8月のお盆付近、思い出のゴルフ場、ロータスバレーで行われる「タズヤンカップ」に焦点を合わせて練習していきます。

シェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ

関連記事

 タイ ブログ