初めての訪タイ2日目はバンコクで初めてBTSスカイトレインと地下鉄MRTに乗ったよ!【NITの!海外旅行ワイルドハーツ 第45話】

2018
31
サワディーカップ!孤高の旅人、ナオトインポテンツです。

皆さんは覚えていらっしゃるだろうか・・・11話目までは、2015年11月の初めての訪タイの物語だったことを・・・
一部の読者の方から、「そろそろ書くことなくなってきたから更新遅いんだろ!」「早く初訪タイの2日目書けよ」など、たくさんの愛のこもったメッセージを頂きましたので、初訪タイの物語の続きを書かせていただきます。

衝撃の初訪タイ2日目の朝までの記事はコチラから11話まで!



ナタリー

初日を簡単に振り返ってみる

先日グーグルさんからポリシー違反で怒られてしまったので、ビビりながらも書かせていただきます。まずは11話までのおさらい。

時は2015年11月。会社の後輩の「おーちゃん」と2人で行った初訪タイ4泊5日。初日はエアアジアでドンムアンに14時頃に到着後、初めてのバンコクに二人でオドオドしながら、タクシーに乗ったり、両替したり、ホテルまわりを探索したり。夜は四角い建物にいっぱい楽しいバーが入っている商業施設に行って、バーファイン。

ナナプラザ

その時に起こった事件などを書かせていただきましたが、後輩のおーちゃんが失敗したときにする、「タバコを吸いながらちょっと上をボヤーっと見ている」光景が印象的でした。

そんなこんなで2日目スタート!

昨晩の反省会を昼飯がてらマックでごはんを食べながら継続。マックでごはんが食べれるとは!

マック

おーちゃんが経験したロングの早帰り、料金2万円に大爆笑しながらその日の予定を立てていく。今日のメインは2016年春に摘発されてなくなってしまった店に行くことに。ホテルはナナ駅至近のスタジオナナ。その店に行くには初めてバンコクスカイトレイン「BTS」と地下鉄の「MRT」を乗り継いで、MRTホイクワン駅まで行く必要があった。

昼食後、一旦ホテルに戻ってBTSとMRTの乗り方を2人で検索する。英語は英検4級、タイ語もは全く喋れない我々にとっては、タイで何をするにも準備が必要で、ものすごく重要。まずはBTSを調べる。

① 券売機は硬貨しか使えない。

販売機

② 行先までの金額のボタンを押し、硬貨を入れる。このとき券売機に認識されない硬貨があるので、余分に用意しておく。

両替

③ このとき硬貨が無ければチケットオフィスで両替してもらう。

磁気カード

④ 磁気式カードが出てくるのでそれを受け取る

磁気カード

⑤ それを昔の定期券の様に入場と退場の際に、カードの方向に気を付けながら自動改札機に入れる

自動改札

⑥ あとは日本の電車と一緒。乗るだけ。 ふむふむ。簡単じゃないか。次にMRTを調べる。

電車

① 券売機でも窓口カウンターでもチケットを買える。カウンターでは行先を地図で指差しして伝えても良い

② 券売機でチケットを買う場合は言語を選択でき、紙幣も使える。目的の駅をタッチしお金を入れると黒いコイン型チケットが出てくる。

③ 自動改札機にコインをかざすと入場できる


自動販売機

④ 退場時は自動改札機にコインを入れる。

ふむふむ。簡単じゃないか。二人に楽勝感が漂う。
よし、出発しよう!2人一緒ににホテルを出て、意気揚々とBTSナナ駅に向かうのでした。

今回はここまで!次回は、甘くなかった電車に乗るの!をお送りいたします。
ではまた!ありがとうございました。

シェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ

関連記事

 タイ ブログ