アンヘレスのゴーゴーバー嬢に一番人気のホテルはここ!日本からの予約方法はただ一つ!モテる為にはKANDI TOWERに泊まろう!

2019
21
今回は、フィリピンのパンパンガ州にある歓楽街アンヘレスで、ゴーゴーバー嬢に一番人気の高いホテルの紹介をします。数々の女の子にインタビューしましたが、圧倒的人気です。ですが、アゴダやエクスペディア等に掲載されておらず、予約方法は一つのみ。記事中に割引付きの予約方法をご案内させていただきます。

もくじ

①アンヘレスのホテルの現状

東西約3キロ(ウォーキングストリートからプリメタまで)、夜遊び可能な店は100件以上と大きな歓楽街だけあって、2,000円以下の安ホテルから40,000円以上するホテルまで、約100件以上の中から選択できます。

そのなかで僕がおススメするのは夜遊びの中心、ウォーキングストリートからアクセスの良いホテル。近場に良いレストランもあるし、コンビニもあって便利。なにしろ酔っ払って帰るのだから、人通りの多い安全な道を徒歩で帰りたい。

しかし、値段的にはウォーキングストリートから離れれば離れるほど、安くなっていると感じている。楽しい夜遊びをするにおいて、値段なのか距離なのか内そうなのか、どこを重視するかは全くの自由。それだけ選択肢があると思っていただきたい。

②なぜKANDI TOWERなのか?

ズバリ言うと、これは僕の経験。多くのゴーゴーバーで働く嬢、スタッフ、ママさんに直接聞いたのでほぼ間違っていないと思います。圧倒的に「どこのホテルが好き?泊まりたい?」と聞いた答えがKANDI TOWERだったからです。
少し前まではその豪華さとサービスの良さ等から定番の「ABCホテル(リンク)」が人気だったと聞いていましたが、今の若いアンヘレスガールからはその言葉が出たことはほとんどなかったです……はい。

③KANDI TOWERとは?

夜遊びの中心地、WALKINGSTREETから徒歩で15分ほどの場所にある「コンドミニアム」。比較的新しい建物で、KANDI TOWER1&2と3で別れている。1&2と3の間にあるプールにも入れるほか、KANDI TOWER3には3F・6F・9Fにもプールがあり、暇なデイタイムも有意義に過ごせる。レストラン、バー、大画面テレビ、ビリヤード台もあり、宿泊者で食事や酒を楽しめるスペースもある。

KANDI tower 部屋1 

KANDI tower 部屋2 
部屋はおしゃれで清潔、広い

ABC

僕が泊まった部屋はリビングと寝室の2部屋。室内の壁にはおしゃれな絵画や写真、いたるところにおしゃれなオブジェがあり、素敵な空間を演出していた。それぞれの部屋にテレビとエアコンがあり、リビングのキッチンには冷蔵庫のほか、料理に必要な道具、電子機器が揃っている。室内での喫煙は禁止であったが、広いバルコニーで喫煙ができた。駐車場もある。

anheheya03.jpg 

部屋 
素晴らしいベッドと、写りは良くないが抜群の夜景

ホテルのスタッフは親切で、ドアマンは外に出ようとするとトライクを呼んでくれる。非常にフレンドリーで豪華なコンドミニアム。ちなみにKANDI TOWER4を建設中。儲かっていらっしゃるようで。

④KANDI TOWERの場所

場所は、マニラからのバスが止まるSMクラークからは徒歩16分~18分ほど。下記に徒歩のルートを掲載するが、安全面と時間節約を考え、グラブ(Grub)やトライシクルで行くのをお勧めする。150ペソ以内で行けるはずだ。夜間は道が暗く危ないので必ず徒歩は辞めてほしい。


徒歩で行く方法(MAPと少し違います)
SMクラークでバスを降り、SMクラーク東側の歩道橋に乗る。
アンヘレス 道1 
建物沿いに東側に歩く

歩道橋を降りたらバス停を突き抜け大通り(21st ストリート)を渡り、ジプニーの停留所を超えてフィールズアベニューを反対側に渡る。

anhe020325.jpg 

anhe030325.jpg 
この辺は現地人ばかり、なりきろう

渡ったら右を向き、MINISTOPの道に入り、2本目を右に曲がる

anhe050325.jpg 
観光客はほぼ通らない道

これまた2本目を左に曲がり、砂利道を歩いていけば到着

anhe060325.jpg 
さらに観光客は通らない砂利道

ずんずん歩いていくとKANDI TOWEWR1&2が見えてきて一安心、その奥がKANDI TOWER3

anhe070325.jpg 

anhe080325.jpg 
田舎道の奥にそびえ立つ

⑤KANDI TOWERの予約の仕方

探し切れていないだけかもしれませんが、現状(2019年3月)、Airbnbでしか予約できません。はじめての方は下記のリンクから登録いただきますと、総額5,000円程の割引をもらえますので是非どうぞ!

⑥KANDI TOWER3に泊まってみた

「行き方」のところにも書いたように、16時頃であったためSMクラークからは徒歩で移動した。Aiebnbでオーナー(部屋主)が「ロビーに着いたら電話してくれ」とメッセージをくれていた為、ロビーに入り、どんな人がオーナーなのだろうと不安でいっぱいであったが、すぐに電話した。すると、受付からKANDIの女性スタッフが。「遅いよ、ナオト」と言って出てきた。

すでにスタッフの手元には鍵があり、すぐに部屋に案内してもらう。部屋に着くと、部屋の説明を丁寧に受け、チェックアウトの時間を聞かれた。それだけ。普通のホテルに泊まるのと全く変わらない。アメニティもしっかりある。タオルは4人分。

WALKINGSTREETまでは距離があるので、トライシクルでの移動は必須である。相棒を部屋に連れて帰ると大喜び。部屋の写真をたくさん撮っていた。その夜、非常に楽しかったのは言うまでもない。

チェックアウトの時間が来て部屋で待っていると、案内してくれたスタッフが来て、部屋の確認をサラッとして、本当にサラッとして、鍵を渡すと「サンキューまた来いよ」。実にイージーだ。電気代やシーツ代の請求もなかった。

現在Airbnbでは1泊毎に予約できる部屋、1週間予約しないと泊まれない部屋などがあるが、是非検索して泊まってみてほしいです。女の子受けは抜群です。

シェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ